一海のスマイル日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 留守電

<<   作成日時 : 2017/02/12 14:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

月命日や用事で

今は誰も住んでない実家に行くたび

そのままにしてある固定電話の留守電にメッセージが

何件か入っています

家族は誰もいない実家に連絡することは無いし

親戚からもほぼ無いし

留守電に入っているメッセージは

父が生前 営んでいた家電店への修理や電球交換

などの仕事依頼なのです

もう 父が亡くなって店も廃業していると知らず

エアコンの調子が悪いので見にきてください

とか

2階のトイレの電球がきれましたので交換してください

とか

町の電気屋さんです

ワタクシ一海も小学生のころ 店番をしてると

近所のおじさんが来て

お?店番か?お父さん配達か?3丁目の○○やけどな

帰ってきたら 入り口の蛍光灯持って来て 

っていうといて

そんなことがよくありました

2階の東側の部屋の電気持って来て

とか

リモコンの電池

とか

何ワットなのか 昼光色とか蛍光色とか

何のリモコンなのか 単4?3?ボタン電池?

そんなこと 言わないし 聞かない けど

父はわかっていたようだ

地域の皆さんが頼ってくださっていたようだ


去年の秋頃 何度もエアコンの修理のメッセージを

入れていただいたお客様は

1回めのメッセージで エアコンが動かないので

みてほしい と

2回めのメッセージで 寒くて寒くて困ってます

連絡ください と

そして3回め エアコンの修理を言ってましたが

コンセントが抜けてただけでした すみませんでした

また 何かあったらお願いします と

わざわざ 報告してくださってました

改めて 父の仕事ぶりに思いを馳せる今日この頃です

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
留守電 一海のスマイル日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる